話題のNFTアートを転売して稼ぐことができるのか。真実をお伝えいたします

ブログ

昨今話題となっているNFTですが、一部の投資家の間では、「NFTアートを転売して莫大な利益を得ている」人もいるようです。そこで、今回は本当に誰がやってもNFTの転売で稼ぐことができるのか、その真実をお伝えします。

NFTアートに莫大な値が付けられている背景

例えば上記はミュータントエイプというNFTアートですが、なんと300万円以上の値がついています。前回が220万円で販売され、それを購入した人が300万円の値を付けて現在販売しているという流れです。

現在NFTアートは、このように転売を重ねて非常に高値が付いているものが多く、この流れに乗って、「自分もNFTアートを転売して稼ぐことができるのでは?」と期待している投資家もいます。

NFTアートの転売で稼ぐことができる人とできない人

NFTアートの転売で稼ぐことができる人とできない人

NFTアートの転売は多くの人が実践していますが、仮想通貨と異なり、もし売れない場合は正直無価値となり、お金に戻すことができないデメリットがあります。

それを承知でNFTアートの転売で稼ぐことを真剣に考えたとき、稼げる人と稼げない人ではどういった違いがあるのでしょうか。

NFTアートの転売で稼ぐためには「まとまった資金が必要」

NFTアートの転売で稼ぐためには「まとまった資金が必要」

NFTアートを転売して稼ぐためには、第一に「まとまった資金が必要」となります。この資金はNFTアートを購入するためのお金となりますが、資金の額は多いにこしたことはありません。例えば上記で紹介したミュータントエイプは世界中の投資家に人気なので、今後もまだまだ値上がりはしていくことが予想されます。もし300万円の余剰資金があれば、こちらを購入するのもいいでしょう。

一方で、「資金が数万円から十数万円程度しかない」という人は、予算に合ったNFTアートを購入することになりますが、数千円から数万円程度で買えるNFTアートは、往々にして無名のアーティストとなりますので、売れるかどうかが分からないため、ある種ギャンブルとなります。

上記写真は世界最大規模のNFTマーケットプレイスの「Opensea」の取引画面となります。こちらのPrice Historyをご覧いただくと分かるのですが、大抵のNFTアートが「No item activity yet」と表示されています。これは、出品者が値を付けて販売しているものの、まだ購入された実績がないことを示しています。

その下のListingsの欄を見ると、4名の投資家が同NFTアートを出品しているようです。つまり、4名の投資家が販売しているものの、いまだ売った人がいない、と言うことになります。

このようなNFTアートを数十と買い漁っても、売れる可能性は低く、転売で稼ぐことはできないといっていいでしょう。

NFTアートの「プレセール」を理解すれば、必ず転売して稼ぐことができる!

仮想通貨の投資家の間では周知されている「プレセール」は、NFTアート業界でも存在します。数万円から十数万円の少額の資金でNFTアートを転売して稼ぐことを考えるのであれば、プレセールや限定セールを利用するのが最短で稼ぐ方法となりますし、それ以外にすぐに転売で利益を出す方法はちょっと思いつきません。あすりチャンネルではなるべく「確実に稼ぐ(利益を出す)」方法をご紹介しておりますので、NFTアートで稼ぐことを検討している方は、下記で紹介するプレセールや限定セールに参加してください。

NFTアートで確実に転売で稼ぐ方法は1つ!プレセールや限定セールに参加

NFTアートにもプレセールがあり、ホワイトリストに当選した人が購入権を得る、といったエアドロップがあります。その他、昨年アディダスや手塚治虫作品がNFTアートの限定セールを開催しましたが、こちらはホワイトリストなしで、完全先着順となりました。いずれのNFTアートも約4~9万円で購入することができましたが、現在は3倍ほどの値で売買されています。

話題のプレセールや限定セールで購入したNFTアートを転売すれば、ご覧のようにほぼ確実に値段が上がるのが現在のNFTアートの転売事情と言えます。

欲を出したら駄目!購入したNFTアートは「即売り」が転売で稼ぐ基本!

欲を出したら駄目!購入したNFTアートは「即売り」が転売で稼ぐ基本!

こちらは有名なC-01というNFTアートで、複数のパーツをランダムに組み合わせて1点物のNFTアートを作成するジェネレーティブアートNFTというものです(ミュータントエイプも同じ)。

こちらはプレセール価格が「0.25ETH」で6万円前後で購入できました。その後上記グラフのように5倍以上1~1.2ETHで1週間ほど転売が繰り返されていましたが、1月24日時点で、同NFTアートの価値は0.7ETHまで下落しています。おそらく、NFTアーティストが何かしらのてこ入れ(新シリーズの発表や売れていないNFTアートの償却など)を入れない限り、下落は続くことでしょう。仮にプレセール価格の0.25ETHで踏みとどまったとしても、購入してくれる人がいなければ、このNFTアートは自分にとっては価値はないに等しいです。

このように、NFTアートは購入後は即出品して、数日のうちに売却をするのが鉄則です。
「もう少しまてば価値がもっと上がるかも」
と考えて売却を踏みとどまってしまいがちですが、仮想通貨及びNFTアートの転売で稼ぐ場合、それタブーとなります。

確かにもう少し待てば上がる可能性がありますし、場合によっては今の数倍の価格で売ることができるかもしれませんが、それは結果論。「1つのNFTアートの作品で儲ける金額は1.5~3倍程度」などと、自分の中でルール付けをして、売り払うまでのタイムリミットも心の中で設けておくべきでしょう。

まとめ:NFTアートの転売で稼ぐのは可能。ただし自分なりのルールを作ろう

数十万円から数百万円程度のまとまった資金があれば、世界中で認知度の高い有名なNFTアートを転売して確実に稼ぐことができます。一方で数万円から十数万円の資金投資家の場合は、無名のNFTアーティストの作品を買って値段が上がるのを待つのは、少々ギャンブル性が強いと言えます。

そのため、上記で紹介したように、有名アーティストやブランド、メーカーが主催するプレセールや限定セールに参加するのが、転売で確実に稼ぐ方法となります。

今後はあすりチャンネルでもNFTアートのプレセール・ホワイトリストや限定セールの開催情報を告知致しますので、その際は絶対に応募・参加して確実な利益を得てくださいね。NFTアートは「即買い・即売り」が基本中の基本です!

この記事を読んで「なるほど」、「いいね」、「納得した」と思った方は、是非下記をクリックしてあすりチャンネルを応援してください!

あすりチャンネルの公式Twitterのフォローもお願いします!

コメント

  1. 卯月ナナヤ より:

    おはようございます、卯月ナナヤです。
    話題のNFTアートを転売して稼ぐことができるのか。真実をお伝えいたしますの情報ありがとうございます!!

    NFTアートについて各所でメタバース銘柄のトークン発行している企業でいま盛んに作ってリリースをしておりますよね。
    NFT自体の技術はバーチャルの中で唯一無二の存在になれるキャラクターとしてその世界の中で存在できるものでとても革新的な技術ですね。
    ミュータントエイプは昨年Bybitのイベントの景品で出てましたね。
    デジタルデータの存在なのでアバターをとっかえひっかえ出来たりするので著名人がこのNFTを使ってたということがプレミアがついて値段が上がっていくという全く新しいビジネスになるかと思いますが、転売目的で購入するととてもギャンブル性高くなってしまうのではないかと個人的には感じてます。
    色々NTFのプレセールには応募しているので当たったらそれはそれで自分の分身としてかわいがって行こうかなと思います。