仮想通貨の取引所で国内と海外の違いは活用方法にある

仮想通貨の取引所で国内と海外の違いは活用方法にあるブログ

仮想通貨を売買する際、どこの取引所の口座を開設しようか迷いますよね。仮想通貨の取引所は大きく分けて日本の国内取引所と海外取引所がありますが、両者はどのように違うのでしょうか。

今回は国内と海外の取引所の違いと、どのような人に国内取引所がおすすめで、また、どのような方は海外取引所がおすすめなのかも詳しくご紹介します。

仮想通貨の国内と海外の取引所の大きな違いは「円での取引の可否」

仮想通貨の国内と海外の取引所の大きな違いは「円での取引の可否」

仮想通貨の国内と海外の取引所を比較したさい、異なる点は多々あるのですが、その中でも絶対に覚えておいてほしいのは、「円での取引ができるかできないか」となります。

海外の取引所は、基本的に「仮想通貨と仮想通貨の取引(売買)」となります。その一方で、日本の取引所は「円⇔仮想通貨」となります。

国内取引所では仮想通貨同士の交換はできませんので、国内取引所の口座に円を入金して、好きな銘柄を購入。そして、高くなってきたところで円に売る、というシンプルな図式となります。

一方で海外取引所では一部を除き、原則は法定通貨(円やドルといった国が認めたお金)で取引はしなく、仮想通貨同士での交換となります。そのため、「円をUSDT(仮想通貨業界の基軸通貨)に交換してから、仮想通貨銘柄⇔USDTで交換や、ビットコイン⇔イーサリアムで交換といった取引(売買)が普通となります。

仮想通貨の国内取引所ではレバレッジで「追証」がある=借金のリスク

仮想通貨の国内取引所ではレバレッジで「追証」がある=借金のリスク

仮想通貨の国内取引所では、レバレッジ(信用取引)をして、自分の証拠金(資金)の2倍の掛け金で取引をすることができます。

利益は2倍になりますが、損失も2倍となるため、仮に負けてしまい、証拠金以上の損失が発生してしまった場合、「追証」と呼ばれる追加の資金投入が必要となります。つまり、借金を背負うことになります。

仮想通貨の海外取引所では、レバレッジ10倍しまくり!追証(借金)なし!

仮想通貨の海外取引所では、レバレッジ10倍しまくり!追証(借金)なし!

一方で仮想通貨の海外取引所では、レバレッジは10倍程度上げられるのが普通で、ビットコインは最大100倍できる取引所もあります。「損失を被ったときが怖い!」と思うかもしれませんが、実は海外の取引所では、上記のような追加の証拠金を投入する追証がなく、持ち金が自動的に決済されて取引が終了となります。

つまり、海外の取引所ではどんなに負けが続いても、自分の掛け金以上のお金を要求される=借金がありません。そのため、多くの投資家はレバレッジ5~10倍で取引をします。
※証拠金を少なくしてレバレッジを10倍にして取引するのも有効ですが、その場合は少しでも価格が差下がったら(売り参入のときは価格が上がったら)、強制決済して持ち金がなくなってしまいますので、注意が必要です(もちろん借金はありませんので、捨て金でいいのであれば、ダメ元で挑戦するのも有効です)。

国内と海外の取引所では仮想通貨の取扱い銘柄の数がまったく違う!

国内と海外の取引所では仮想通貨の取扱い銘柄の数がまったく違う!

国内と海外の取引所を比較したさい、もう1つ大きな違いがあります。
国内の仮想通貨取引所で取り扱う銘柄は、およそ10~15銘柄程度となります。

しかし、海外の仮想通貨取引所では、1つの取引所で100を超える銘柄から選ぶことができ、また、取り扱い銘柄は1ヵ月に数銘柄ずつ増えています。

国内取引所では、有名で安定している仮想通貨しか取り扱わない

仮想通貨の国内取引所では、基本的に取引高や流通量が多い、価格が安定している銘柄しか取り扱いがありません。そのため、突然驚くほど価格が急落することはあまりありませんが、かといった爆上げすることもほとんどありません。

海外取引所では、毎日30%以上の価格上昇する銘柄がたくさんある

海外取引所では、100を超える仮想通貨銘柄があり、世界中の投資家が売買を繰り広げているため、1日数十パーセントの値動きは普通です。1日にして資金を30~100%増やすことも十分可能となります。

もちろん自分の買った仮想通貨が30%値下がりすることもありますが、変な銘柄を買わない限り、仮に下がったとしても、ずっと持ち続けていれば、いずれ上がっていきますので、あまり心配する必要はないともいえます。

仮想通貨の海外取引所はハッキングが多い?

仮想通貨の海外取引所はハッキングが多い?

仮想通貨の海外取引所と言えば、ハッキングが多く、口座に預けていたお金が一夜でなくなってしまう、なんてトラブルもしばしばニュースで聞きます。

確かに国内取引所と比べるとハッキングは多いですが、仮に自分のアカウントから仮想通貨が抜かれてしまった場合、しっかりと取引所が全額賠償してくれるので、安心してください。

そのため、ハッキングが心配だから海外ではなく国内取引所を使う、という理由はあまりおすすめできません。

ネット記事で仮想通貨の国内取引所をしきりにおすすめする理由は簡単

ネット記事で仮想通貨の国内取引所をしきりにおすすめする理由は簡単

しかし、ネットでググってみると、「海外取引所よりも国内取引所がおすすめ!」、「海外取引所は危険!リスクばかり」といった記事ばかりが見受けられます。

この理由はとても簡単。国内取引所はアフィリエイトプログラムがあるので、ブロガーやサイト運営者は日本の国内取引所を紹介することによって、大きな手数料を得ることができます(ちなみにコインチェックのアフィリエイトがコミッションが高いみたいです)。

仮想通貨の国内取引所で売買をおすすめするのはどんな人?

仮想通貨の国内取引所で売買をおすすめするのはどんな人?

では、日本国内の取引所で仮想通貨の売買をした方がいい人というのは、どんなタイプの方なのでしょうか。

  • リスクを嫌い、安定した取引をしたい人
  • 数か月あるいは1年に数回した売買の取引をしないガチホ(長期保有)の人
  • 短期的に資産を増やすのではなく、5年、10年と長い年月をかけて資産を築きたい人
  • 「銀行に預けておくよりは投資した方がいいかな」と思っている人=定期預金感覚

仮想通貨の海外取引所で売買をおすすめするのはどんな人?

仮想通貨の海外取引所で売買をおすすめするのはどんな人?

一方で、しっかりと銘柄を選んで仮想通貨を取引して利益を出したい人は、国内ではなく海外の取引所を利用するのがおすすめです。

  • YouTubeやネットで紹介されている仮想通貨の銘柄を買いたい人
  • 自分の資産を10倍、100倍に築き上げることにチャレンジしたい人
  • 億り人に興味がある人

自分が買いたい銘柄がある取引所を開設しよう

結論にはなりますが、まずは自分が投資をしたい銘柄をネットで調べて、自分が買いたい仮想通貨が決まったら、その通貨を取り扱っている取引所の口座を開設するのがいいでしょう。

国内で取り扱っている銘柄は、取引所によって差はほとんどありませんので、もし本当に仮想通貨に興味があるのであれば、やはり国内取引所と海外取引所の両方を利用することになりそうです。

コメント